2021-10-11

浅草ロケーションフォトについて

東京を中心に撮影活動をしてきたカメラマンです。

魅力的な撮影スポット溢れる浅草で、みなさまに喜んでいただけるロケーションフォトをご提供するため2021年よりサービスをスタート致します。

 

 

代表カメラマン、しみずあきら

 

AKIRA(しみずあきら)プロフィール

 

今から10年以上前にサルサダンスと出会い、のめり込み、コンテストやコンペテンションなどにも出場し入賞などを重ねる。

 

自分がダンサーとして参加した大会の写真を探したところ、一枚も自分が踊っている写真が無かったことからショックを受けて、「他のダンサーもきっと写真が欲しくなる時期が来るから、自分が撮ってあげよう」と考えてデジタル一眼レフカメラを購入。知り合いのダンサーの撮影を開始。

 

2010年に、ダンス団体のダンスイベント撮影にて、プロカメラマンと一緒に撮影させてもらう。

会場の暗さのあまり、呼んだプロカメラマンが「まったく写真が撮れない」とサジを投げたために、自分の撮影した写真が、そのイベントのメイン写真として採用される。それを期にJBA公認カメラマンとしても認定される。

 

2011年の震災を契機に、より「カメラマンとして人の役に立ちたい」と考え、活動のフィールドを広げるために、プロを目指すことに。

渋谷の専門学校「写真の学校」に入学、その後、写真家タクマクニヒロに師事。スタジオでポートレート撮影技術や、数多くのダンスイベントでの撮影を重ねて腕を磨き、現在も所属する舞台写真事務所へカメラマンとして採用される。カメラをはじめてから1年でプロとして活動を開始。

 

 

現在、バレエ・社交ダンス・舞台・ブライダル・ファッション広告等を 撮影するプロカメラマンとして活動中。年間で1000人以上のダンサーの撮影をこなす。

クラブ撮影で培われた撮影技術で、強烈なスポットライトの中でも、ダンサーを美しく撮りとめることに定評がある。特に、「踊るカメラマンAKIRA」の名のとおりダンスをこよなく愛し、ダンスとダンサーの価値を高め、魅力を引き出すことを現在でも研究し続ける。

 

 

写真コンテストの入賞歴も多数あり。

海外で活躍するダンサーから撮影オファーも多く、現在は依頼を受けたダンサーを個別に撮影をすべく、個人で活動もしている。

 

 

最近では、今まで培った経験を元にPhotoFanを立ち上げ、写真教室を数多く開催。

写真の価値を高めたいと願うカメラマンさんが多く集う。

 

 

これまでの撮影経験を活かしたロケーションフォトにも定評があり、2021年より浅草にて、「浅草ロケーションフォト」を開始。

 

 

 

◆浅草ロケーションフォト

 

東京都台東区花川戸2丁目9-13 KYビル301

電話 03-3843-8515

メール akishim2001@gmail.com