大物アーティストが多数カバーする蘇州夜曲。

Leikaは敢えて王道を捨て、現代に生きる現代の若者へ届けたい思いから、未だかつて聴いたことのないアレンジに挑戦。

 

動画撮影から編集までLeikaが自ら担当。